美容業の適性について

美容師に求められる資質・適性として挙げられるのが、やはり「美」への追求ではないでしょうか。 美に関心を持たない方が、お客様に美を届けることは不可能ですよね。 より多くの方に美を提供して満足してもらうには、まず自らが美についてプロフェッショナルになることが大事です。

オシャレな人が適していると認識されがちですが、必ずしもそうとはいえません。 スタイリストとしてお客様に美を届けることが出来るようになるまでは、当然長い下積み時代が必要になってきます。 この下積み時代を乗り越えるには、何事も可能性を見出し、たとえ躓いてもすぐに起き上がれる人が適しているのだと思います。


ネイリストの資質・適性については、やはりデザインセンスやコミュニケーション能力が問われるのではないかと思います。 コミュニケーション能力が高ければ、お客様のお話を聞くだけで、どういったものを求めているのかを知ることが出来ますし、 デザインセンスが高ければ、お客様が迷っているときには、その人にあったデザインを提供することが可能です。

また、ネイリストは、小さな爪の上でお客様にアートを届ける職業ですので、 細かい作業が得意な方が適しているといえるのではないでしょうか。

セラピスト

セラピストはお客様に「癒し」を与える職業です。 それゆえに、お客様のお話をしっかりと聴く、傾聴スキルが資質・適性として求められるのではないでしょうか。 美容師やネイリストがお客様の外面的な要素に美を与えるのに対し、内面的にお客様に安心を届けるのがセラピストの役割です。

当サイトでは、美容師・アイリスト・ネイリストなどの求人情報を掲載していますが、 このようにそれぞれの職業には資質・適性がございます。 しかし、それと合致しなかったからといって必ずしも向いていないという意味ではございませんので、 あくまで参考程度にされてくださいね。


エステティシャンは、美に対する高い意識と向上はもちろんのこと、カウンセリングスキルも資質・適性として問われます。 施術に入る前にお客様としっかりとカウンセリングの場を設ける必要があります。

カウンセリングでは、お客様の気持ちをしっかりと明確化しなければなりません。 お客様が求めているもの、抱えている悩みを把握することで、その人に合った施術が可能になります。

ビューラー(アイリスト)

アイリストも美容師やネイリストと同じく、コミュニケーション能力や接客スキル、 手先の器用さが求められる資質・適性として求められます。

まつ毛を整えたり、まつ毛エクステを付けたりと、お客様の目にキレイを届ける職業となっておりますので、 正確さや細かな技術なども必要になります。

オロジスト

美容整体は通常の整体の施術を美容方面へ活用するもののことを指し、美肌や骨盤矯正などが有名です。

通常の整体の技術や知識に加え、美容方面への知識も必要なため、幅広く知識が必要な職業です。
どの仕事でも言えることですが、やはりコミュニケーション能力や接客能力、相手の悩みを的確に判断したり、聞き出したりする能力が必要な仕事です。

会社説明会情報

全部見る
友人に紹介する
このエントリをはてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlにブックマーク Deliciousにブックマーク
無料ユーザー登録