美容室の就活必勝法


美容室の求人を見つけたはいいものの、就職活動はどうしたらいいのか分からない・・・
という方もいらっしゃると思います。

美容室は特殊な職業柄、一般企業とは求められるものが異なってくるものです。
そこで、今回は皆さんに美容室の就職活動の基本についてご紹介したいと思います。

【ファッションセンス】
まず、美容師は美容に携わる職業の一つなので、ファッションセンスが問われます。 その証拠に、履歴書を提出する際に、全身写真を求められたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

面接といえばスーツというイメージがあると思いますが、美容室の面接であれば、 一般的にはリクルートスーツを着用する必要はありません。 特別に指示がある場合は別ですが、基本的にはサロンワークで着用する予定の服装で面接に臨むようにしましょう。 ファッションセンスがこのお店の雰囲気にあっているかも重要になってきます。 自分のお洒落を全面に出し、アピールすることをおすすします。


【話の内容・話し方】
次に、話し方についてご紹介したいと思います。面接対策としてよく話の内容を考えるということが重視されがちですが、 話し方も非常に重要なものです。どんなに立派なことを話してても、しどろもどろで迷いがある言動で話しても、 面接官にあなたの思いは伝わらないですよね。面接官に誤解されることのないよう、情熱が伝わるように意識する事が大切です。 面接対策としては、「話の内容」「話し方」に重点を置くようにしましょう。


【姿勢】
姿勢にも注意が必要です。姿勢一つで合否が判断されるといっても過言ではありません。 だらけていたり、崩れた姿勢だと、面接官に与える印象が一気に悪くなってしまいます。面接を受けている時ではなく面接前に待っている姿勢、店を出てからの歩き方までチェックされていることもありますので気を抜かないようにして下さい。

一般職との行動の違いについてです。 美容師は一般の就職とは違って、何十社も面接を受けて1社しか受からなかった、などということは今はありません。

そのため、就職を決める時期をあわてるよりも、自分が行きたい店の方向性を決める方が大切になってきます。 自分が一番良いと思ったところに絞る事、これが一番大きな一般職との就職活動の違いではないでしょうか。

会社説明会情報

全部見る
友人に紹介する
このエントリをはてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlにブックマーク Deliciousにブックマーク
無料ユーザー登録