トップインタビュー

 黒木 清貴様納言実友 との対談について皆さんにご紹介したいと思います。



納言
それでは、早速なんですが黒木さんの「人生のキーポイントとはどういったものとお考えですか?」

黒木様
「私が考えるキーポイントは『ひらめいたことをやる』という点にあると思います。 頭の中で、こうしたい、あれをやってみたい、という思いがあれば、 それがたとえ不可能に近くても実行するのです。 もちろん可能性は限りなく0に近いかもしれませんが、逆を言えば0ではありません。」

納言
「確かに、可能なことを『無理』と決め付けて自らの手で幕を引いてしまってはもったいないですね。 それだけで、大事なものを見逃してしまったことになる。行動力があるだけでも、人生は大きく充実しそうですね。」

黒木様
「ちなみに中里さんが考える人生のキーポイントというのは何でしょうか?」

納言
「私が考える人生のキーポイントは『人間関係』です。」

黒木様
「人間関係といいますと?」

納言
「私たちが日常生活を過ごすには、まわりの人の手を借りなければなりません。 もちろん、これは経営においても言えることです。 働いてくれる従業員がいなければ、会社の経営というのは成り立ちません。」

黒木様
「確かに私たちは常に誰かの助けを得て生きていますね。 生まれたときから親の支えを受けているし、今でも友人や恋人、家族から支えられている。 充実した毎日は、人があってこそなんですね。」

納言
「そうです。人間にとって、常に誰かがそばにいるということは、 今も昔も変わらない普遍的なことなのであり、人間関係というのは、 生まれた瞬間から死ぬときまで常に私たちの周りに在り続けるものです。 だからこそ、いい人間関係はいい人生を引き寄せられると考えているのです。 しかし、まわりの人たちがいて当たり前だと考えている人が多いのも事実です。」

黒木様
「当たり前のことだからこそ、見失いがちになっているということですね。」

納言
「はい。人間関係の重要さは全ての人が再認識する必要があると思います。 たとえば、仕事の楽しさは人間関係が大半を占めます。 いくら楽しい仕事でも、嫌な仕事や同僚がいたりすれば、気分は台無しですよね。 逆に、辛い仕事でもまわりの支えがあれば乗り越えることが出来ます。 人生の全ては、『人間関係』の基に成り立っているといっても過言ではないのです。 そういった当たり前のことこそありがたく思うべきだと、私は考えます。」

黒木様
「経営をしている方であれば覚えがあることかもしれませんね。やはり従業員のモチベーションと、企業や店舗の売り上げは直結している場面も多いはずです。 それに、サロンとお客様の関係も同じかもしれません。利益重視ばかりで、サービス向上から目を逸らすとすぐにお客様は離れていってしまいます。」

納言
「機械が相手だとそんなことはありえないですが、やはり、人間を相手にする限りそこには感情が入ってくるので、単純なものじゃないですね。」
東日本営業部部長

WELLAサロンプロフェッショナル事業営業本部

氏名

黒木 清貴

経歴

WELLA東日本営業部部長

ZIP's代表

美容業界の社会的向上を目指し活動中

氏名

納言 実友

経歴

1986年 ZIPオープン

2009年 Julien Maraオープン

2010年 日本アイラッシュリスト協会設立

2012年 日本美容協会代表理事就任

会社説明会情報

全部見る
友人に紹介する
このエントリをはてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlにブックマーク Deliciousにブックマーク
無料ユーザー登録